お灸講座をする上で花野桃子が大切にしていること。

      2016/11/24


私は自宅サロン以外にも講師として活動しています。

今週は産後初のセルフケア講座があります。

セルフケア講座は開催して今年で6年になります。

 

今でこそ、お灸講座は色々ありますが

6年前は全く無く「セルフケアのお灸」というものに興味を持っている人は

セルフケアお灸の認知度が低く、本当に少なかったです。

 

今は本にもなっているし雑誌でも取り上げられる事が多く

興味を持って講座に来られる方が増えました。

とても嬉しいことだと思っています。

 

私の1日3分お灸シーリズもこの6年で

美脚、冷え性、ウエスト、ヘッド、手のひら、子宮力アップ、リフトアップと

たくさん増えました。

 

講座の内容はそれぞれ異なりますが、どの講座でも共通する儀式?があります。

それは

実践(実技)の前にお灸の良さ、効果を受講者さんに知ってもらうということ。

これをするかしないかで受講者さんの意識が変わっていきます。

 

どういう事をしているかというと

S__6168603

まず受講者さんの腕を触って硬いところ

血行不良がおこっている所を私が探ります。

ツボ実際に受講者さんにもその「硬いところ」というのを

確認していただきます。

S__6168598

そして硬いところの上にお灸をおきます。

するとお灸をした後、その硬さが無くなり

柔らかくなっているんですね。

 

これで受講者さんは

「うわぁ!お灸ってすごい!」とお灸の良さ

お灸をしたらどうなるかという簡単な変化をまず感じていただきます。

これが大事なんです。

 

この簡単なプレゼンをすることで

「じゃぁこのセルフお灸を続けていったら身体はどう変わっていくんだろう」

「こんな簡単ならやれそうだ!」

と受講者さんが家に帰ってもできると

お家でお灸している姿、身体の変化を想像していただく。

この後の実技が楽しみ!とワクワクしていただく

そうすることで、日々のセルフケアに繋がると思っています。

 

私の講座のアンケートで「面白かった」「とっても簡単だった」「効果に驚いた」

というお声が多いのですが、こういったことをしているからというのも大きいかも。

 

セルフケア講座をするにあたって講師の一番仕事は

受講者さんがお家に帰ってそれを実践できるようにする事だと私は思っていますので

100回以上講座をしていますが

毎回毎回、皆さんどうだったかな?変化を感じたかな?

お家でも出来そうかな?といつもドキドキしています。

 

今日は私がお灸講座をするにあたって大切にしていることでした。

_____________________________________

鍼灸師向けのお灸講師講座も開催しております。

ご興味のある方はお問い合わせくださいね。

お問い合わせはこちら

 

<無料メルマガ配信中>

ブログ カテゴリー

「 よく読まれている記事

 - ■講師の話 , ,