お客様に知ってもらう努力って?(アナログ編)

597713
売上30万に満たないサロン

前回の記事

お客様に知ってもらう努力をしましょう

と書きました。

お客様に知ってもらう努力って?(アナログ編)

まず私がしたことアナログ編では

・ポスティング
・リーフレットを近所のお店に置いて貰う
・チラシを配る

 

売上10万以下のサロンオーナー
でもそういうのは集客効果がないって聞きます

これを言うとこう返す方が多い!

でも、聞いたことがあるというだけで
やったことがない人も多い!

花野
そういうことはやってから言おう!

実際クライアントさん(エステティシャン)で
サロンのチラシをポスティングしている途中で

「これどこでされてるんですか?」と声をかけられ
サロンのお客様になってくださったという話を聞きますし

 

私自身もポスティングから
ご来店くださった経験もあります。

売上10万以下のサロンオーナー
えーそれならポスティングしてみようかなー

10件ぐらいしたらいいですかね

10件!?

甘い

花野
甘すぎるわよ!!!

チラシの反響は0.01%から0.3%と言われています。

100枚ポスティングしても
1件も予約がないのは当たり前!

1000枚が最低ライン!
リーフレットは最低でも30件は
置いてもらうところを見つけましょう!

売上10万以下のサロンオーナー
えーそんなに!?やっぱやめようかな
花野
と思ってしまいますよね

でもあなたのお店を知ってもらうためには必要なこと。

どちらにせよ
行動することが大事といえます。

もちろんポスティングがNGなマンションもあります。
そこは注意しましょう。

 

リーフレットをカフェに置いてもらっている場合は
補充しに行くときに

どこのお店が一番リーフレットが減っているか
も注目してください。

リーフレットの減りが早いところは
あなたのお店に興味がある方が多い証拠!

リサーチになります。

よし!

ポティングもした!

チラシも1000枚配った

リーフレットも50店舗置いてもらった!

売上10万以下のサロンオーナー
これで予約来ますね!

花野
甘すぎるわよ!!!
売上10万以下のサロンオーナー
またか・・・

 

チラシをまいたからといって
残念ながらすぐ予約につながるとは限りません。

597713

ポスティングもチラシを配るのも
見込み客を作るということになります。

見込み客とは?

見込み客とは
あなたのお店の存在を知り
あなたのお店にはまだ行ってはいないけれど
興味がある人です。

見込み客を作ることもすごく大事ですよね。

まとめ

ポスティング、チラシ配り、リーフレットを置くことは
すぐ予約につながることは少ないが

お店の存在を知ってもらい
見込み客になってくれる

知ってもらう努力は
とっても地味

侮ってはいけない
とっても大事なこと。

次回

お客様に知ってもらう努力(SNS編)

つづく

ピックアップ記事

関連記事一覧

ブログ カテゴリー